貧しい国で飢えや病気と闘う子どもたちをメディアで見る事が多くなりました
医療求人大特集☆病院で働きたい人集合!

小児科医になれば良かった

貧しい国で飢えや病気と闘う子どもたちをメディアで見る事が多くなりました。
小さい子供が好きな私は、その度に胸を痛ませてはいますが、実際に何もしてあげられていないのが現状。

最近ではそう思う気持ちも強くなってきて、小児科医や小児科の看護婦になれば良かった、そうしたら少しでも助けられるのに、と思うことがあります。

募金等でも援助はもちろん可能ですが、やっぱり自分の足でその地に行って、実際にケアしてあげることが一番の援助だと感じますし、それには医師や看護師であることが一番彼らにとっても有り難いことなのではないかと思うからです。

諸外国だけでなくても、日本でも小児科医は必要とされていますし、少しでも子どもたちを救って、保護者の肩の荷もおろしてあげられればと思う限りです。

医師・看護師の道を選んでいたら、どんなに行く道が広がっただろうか?
海外に移住を考えた際も思いました。

どこの国でも医師や看護師は求められますし、子ども好きな私は本当に小児科医になれば良かったと思うことが多くあります。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加